川口の歴史

川口は歴史は古く、日光御成道で結ばれた宿場町として栄えました。川口宿、鳩ヶ谷宿が一つになった川口市は、古い伝統と歴史のある市です。伝統産業の鋳物・植木・釣竿が古くから盛んになっています。川口市は埼玉県内でも有数の近代産業都市であり、生産都市としての役割を担っています。

 

今の川口周辺の土地は、戦国時代には太田氏や北条氏が支配していました。江戸時代になると川口周辺の土地のほとんどが江戸幕府の直轄領となり、代官の支配下におかれました。見沼溜井や見沼代用水、赤堀用水などの灌漑治水は川口周辺の農業の発展に大きく寄与して目覚ましい発展を遂げました。関東でも有数の米どころとなりました。また、交通の要所である日光御成道は徳川家康の霊廟を日光に移すこととなった1617年以降に整備されました。そして、川口にも将軍の日光参詣に伴う休憩所(錫杖寺)や駅逓業務を行う問屋場などが置かれた歴史を持ちます。

 

1728年の見沼代用水路によって舟運や陸上交通が急激に整備されました。その整備にともなって商品の流通が盛んになり、今の川口の発展の礎となっている様々な伝統産業が興りました。特に今でも盛んな鋳物産業は、江戸時代中期以降に、その技術の確かさにより江戸からの多くの需要に恵まれ鋳物産業が発達していくこととなりました。また、吉田権之丞によって始められたとされている植木や苗木の栽培は、1657年の江戸大火によって焼野原となった江戸に、植木や草花を供給したことをきっかけに発展したと言われています。

 

川口市は、埼玉県南東部の荒川北岸にあり東京都と接していることから都心へのアクセスも良いです。そのため人口が増加地域となっており今では人口が55万人をゆうに超える都市として発展し、埼玉県内ではさいたま市に次いで2番目に人口が多い都市になりました。また、特例市としては日本で最も多い人口を擁しているのが川口市なのです。

 

地理的には東京都と県庁所在地であるさいたま市に挟まれて、戸田、蕨、越谷、草加といった中核都市とも隣接しているため、商業基盤が地区によって分割されています。そのため、川口市は人口にみあったほどの規模の大型商業施設などがありません。川口駅前から周辺に商業地域が形成され、国道や県道沿いに店舗が広がっています。川口市内の商業圏としては、中央地区、青木地区、横曽根地区などのように、やはり川口駅周辺を中心とした地域が最も発展しています。また、戸塚地区など武蔵野線の東川口を中心とした地域や安行地区、新郷地区など草加市に隣接している地域、または、旧鳩ヶ谷市時代から独自の商業圏を築きあげてきた鳩ヶ谷地区が中心的な商業地域となっています。

 

川口市内に存在する大型商業店舗としては、そごう、イオンモールなどが挙げられます。川口宿に由来する「川口」という地名は、市南西部の川口駅周辺であるため、その影響からかそれ以外での地域において店名に「川口店」と表記することは珍しいです。川口市内であっても「川口」という名称や住所を使用している営業所は郊外では少ないという特徴があります。


川口の地理

川口市は東京都に隣接し、埼玉県の県庁所在地であり中心都市であるさいたま市に挟まれた市です。通勤や通学に大変便利で自然環境も豊かで住みやすいです。鉄道やバス、道路といった交通網が発達し川口市内の東西南北に行きわたっているので都心に出るにもさいたま市に出るにも大変アクセスがよい土地となっています。

 

主な居住地は川口駅周辺となっていますが、川口駅周辺には準工業地域の用途指定にあたる地区が広がっているため建築制限が緩く、高層マンションが多く建設されました。川口市が50万以上の人口をかかえる都市へと成長するにつれてマンションの建設とマンション居住者が比例しながら増加している傾向にあります。川口市は荒川を隔てて東京都に接しており、都内でのアクセスが良いことから、東京への通勤・通学の住人が多いです。川口には竣工当時日本一の高さを誇ったエルザタワー55など、超高層マンションが多く建設されています。川口駅前一帯の中央地区や川口駅西側の横曽根地区を中心に市街地が広がっています。

 

川口市内でも戸塚地区の西に隣接する神根地区は、市内では最も緑が多く閑静な住宅街も多いです。西部の柳崎・北園町・在家町など芝川西岸に東浦和駅周辺には住宅地が広がり、さいたま市と繋がった街並みが存在しています。そのため、さいたま市と隣接する地域では川口市との商業的、交通的なかかわりがありますが、それ以外の芝川東岸の地域などでは市街化があまり進んでいません。

 

川口市は東京都とさいたま市に挟まれているので、都心へも埼玉県中心部へもアクセスがよいという利便性があり、鉄道網や道路網といった交通網が非常に発達しています。川口市の西部にはJR京浜東北線が縦断しています。また川口の北部はJR武蔵野線が横断し、埼玉高速鉄道線の開業したことにより市の中央部を貫く鉄道網が完備されています。

 

同じ川口市内でも地域によっては隣接する他市の、蕨駅、南浦和駅、東浦和駅、松原団地駅、新田駅、草加駅が最寄り駅となるところも存在します。また、日暮里から出ている舎人ライナーの開業によって、川口市の東部では見沼代親水公園駅なども利便性が高くなっています。新荒川大橋あたりに住んでいる住民は、大橋を越えて東京都北区の赤羽駅か赤羽岩淵駅が最寄り駅となる場合もあります。いずれにしろ、川口市内はさいたま市同様に県内でも鉄道の交通網が発達している部類の地域だといえます。

 

JRの鉄道路線が川口市域の外周部近くにまで位置しているので補完する形で路線バス網が発達しているのも特徴です。埼玉高速鉄道線の最寄り地域では路線バスを使ってJRの駅を利用する住民は多いです。また、道路の交通網も発達しておりマイカー通勤をする住民も多いです。主要道路は市域中央部を通る国道122号線が、東部には首都高川口線が縦断しており、北部には東京外環自動車道が横断するなど道路網も整備されています。しかし、慢性的な渋滞などの問題も抱えています。


川口の娯楽・レジャー施設

川口デリヘル

川口市内の娯楽・レジャー施設は川口駅周辺に広がる繁華街にある多く存在します。カラオケルームや飲食店など夕方以降になると会社帰りのサラリーマンやOL、学生などでにぎやかになります。また、川口は駅周辺と郊外とではまったく様子がことなり、個性的な娯楽・レジャー施設があります。
男性の方には西川口周辺の風俗街が有名ですが、実は数あるデリヘル埼玉の中でも川口のデリヘルは女性の質の高さだけでは無く、内容も質が高いと評判です。

 

県道の35号の産業道路から100メートルほどの住宅街の中に「芝グランドボール」というボーリング場があります。このビーリング場は川口市内でも有数で、同系列のボーリング場が川口市内に3つあります。毎週月曜日と木曜日の夕方には、プロボウラーによるボーリング教室が開催され、大勢の人でにぎわいます。また、このボーリング場では頻繁にトーナメント大会が開催されるなど色々な楽しいイベントがあります。大型駐車場が完備され、レーン数は20あるので、家族や友達などと一緒に楽しむには大変良い施設です。

 

また、川口には全国で6つしかないオートレース場の1つである川口オートレース場があります。このオートレース場では、元SMAPの森且行選手や元世界チャンピオン青木治親選手などが活躍しています。川口オートレース場のバンク内にある「児童交通公園」はミニ交通公園としての機能をもっています。横断歩道や信号機なども設置され、レースが開催されていない日には川口市内の小学校や幼稚園・保育所などの団体向けに交通安全指導が開催されています。川口市内の子どもたちにも親しみやすい場所となっています。


川口出身の有名人

風俗デリヘル

川口市は人口50万人以上の都市なので、有名人の数もそれなりにいます。政界、スポーツ界、芸能界を中心に川口市出身の有名人は数多くおり、ビックネームも数名います。各界の有名人を順に見ていきたいと思います。まず川口市の政治家で有名なのは、新藤義孝衆議院議員や富岡由紀夫参議院議員、大野元裕参議院議員などがいます。文化人として有名なのは、演出家の蜷川幸雄や漫画家の小澤さとる、ねこぢる、さらにはノンフィクション作家の吉永みち子などが挙げられます。他にも写真家の仁田三夫や彫刻家の大隈氏廣などもいます。

 

次にスポーツ界を見てみると、ビックネームがちらほらいます。元読売ジャイアンツの斎藤雅樹投手や石井義人内野手が川口出身なのですが、二人とも選手時代に活躍したので名前を覚えている人も多くいることでしょう。また、女子プロレスラーとして活躍し一世を風靡したブル中野やキューティー鈴木も川口が生んだスターです。女子バレー選手の田中弓貴や福田記代子、大日本プロレスの佐々木義人や大橋篤も川口出身です。

 

川口出身の芸能人を見てみると女優の大場久美子が一番の大物となります。他にも七瀬なつみ、りょうも川口出身です。ミュージシャンでは元「たま」の一員の知久寿焼が有名です。他にもシドのShinjiなどがおり、シンガーソングライターのシギや工藤慎太郎、モデルの板橋瑠美や中村みづほといった人たちが川口出身ですが、ここに書ききれないくらい他にも有名人がいます。